ギョーショのオンラインGYMはこちら

行政書士法人つむぎです。

2020年4月1日をもちまして、德留行政書士事務所は行政書士法人つむぎに生まれ変わりました。

個人事務所として、一人の行政書士として駆け抜けてきた6年間の経験を活かし、今後は組織としてより良い仕事をみなさまにお届けできるよう一層精進してまいりたいと思います。

なにが変わるの?

法人化、士業グループ化に関するご挨拶を差し上げる中で最も多かった質問が「何がどう変わるの?」というものでしたので、答えていきたいと思います。

1、名称・事務所所在地・電話番号が変わります

名称が『德留行政書士事務所』から、『行政書士法人つむぎ』に変わります。

事務所所在地は『⼤阪市北区神⼭町8番1号 梅⽥⾠⺒ビル』に変わりました。

電話番号は『06-4709-0355』へ、FAX番号は『06-4709-0356』へと変更になります。

誤って旧德留行政書士事務所宛に郵便物のご送付をいただいても当面の間は受け取ることが可能ですが、出来るだけお早めに住所登録の変更をお願い申し上げます。

また、事務所の電話とFAXに関しましては、旧番号にお電話いただきましても不通となりますのでこちらも併せて登録のご変更をお願いいたします。

これまでご愛顧いただいておりましたtokutome.netドメインの本ページに関しましては德留さやかの行政書士としてのブログとしての運用になり、行政書士法人つむぎとしてのオフィシャルサイトはこちらになります。

行政書士法人つむぎ ⇒ https://tsumugi-g.com/gyoseisyoshi/
つむぎグループ ⇒ https://tsumugi-g.com/

行政書士法人つむぎの最新情報についてはこれまで通りこちらのブログにて更新していきますので、ブックマークは引き続きtokutome.netでお願いいたします。

2、メンバーが増えます

行政書士事務所を法人化するには、最低2名の行政書士資格者が必要となります。

そのため、德留行政書士事務所では行政書士である私と補助者1名でこれまで全ての業務を行なってまいりましたが、行政書士法人つむぎでは、共同代表の『西谷 尚志(ニシタニ ショウジ)』という行政書士が増えます。

また、事務員さんも現在グループ内に4名在籍しており、受電業務や来客の一次対応、及び、事務所内の細やかなサポート業務を行なっていただいてますので、我々資格者は本業に集中することが出来るようになりました。

3、司法書士法人と土地家屋調査士法人と一つのグループになりました

一番大きな変化はこの部分です。

『司法書士法人つむぎ』と『土地家屋調査士法人つむぎ』と『行政書士法人つむぎ』の3法人で1つの『つむぎグループ』という士業団体に生まれ変わりました。

このことにより、これまでは各士業間で業際という壁があった業務についてもグループ内で連携をとることによりスムースなワンストップサービスが行なえるようになりました。

【例:NPO法人設立の場合】
①行政書士が設立認証の手続きを行なう
②認証後、司法書士が設立登記を行なう
③行政書士が設立完了の届出を行政に行なう

行政書士と司法書士の間でバトンを渡しながら行なわなければならないこの手続きが、つむぎグループなら依頼者さまのお手間やお時間をいただくことなくグループ内で連携させていただきます。

この他にも、例えば農地を宅地にして売りたい!という場合のご相談であれば農地転用の許可を行政書士法人つむぎで取得し、その後、土地家屋調査士法人つむぎで登記を行なうというような連携も可能になりました。

事務所って梅田のどこにあるの?

各線大阪・梅田駅から泉の広場に向かっていただき、M10番出口を出て右側の階段を上がってください。

そのまま吉野家の方へ真っすぐ3分ほど歩いていただくと、ホテルWINGの隣、1階にオフィスバスターズが入っている、『梅田辰巳ビル』に事務所があります。

泉の広場の出口さえ間違えなければ1本道ですので、梅田に不慣れな方でも迷わずお越しいただけると思いますが、途中で道がわからなくなった場合は事務所宛にお電話をいただければしっかりとご案内させていただきます。

綺麗なオフィスビルですし、事務所内には常に女性のスタッフが居ますので、女性の方お一人でも安心してご来所いただけます。

共同代表の西谷さんってどんな人?

これもよく聞かれる質問なので、私から見た西谷尚志について簡単に書いてみたいと思います。

あえて一言で言うなら『気の良い兄ちゃん』です。
滅多に怒ることもなく(というか私は一度も怒った姿は見た事ないです)、いつもニコニコしていて、夜は眠そうにしています。

夜眠そうなのは毎朝4時ごろに起きている朝型人間だからです。
私が夜中3時ぐらいに就寝する夜型人間なので、2人で協力してフル稼働すれば24時間戦えますね!
もちろん、そんな馬鹿な働き方をしなくていいように組織化したわけなのでやりませんが・・・。

司法書士と土地家屋調査士と行政書士の資格を所持しており、全ての法人の共同代表となっています。
これは自分が修行していた事務所がそのトリプルライセンスで業務をしている事務所だったからというのが大きいようです。

この3つの資格を1プレイヤーとして見た活動割合は司法書士が90%、土地家屋調査士は7%、行政書士が3%ぐらいではないでしょうか?
一緒に仕事をしていて、「あぁ、この人は根っからの司法書士だな」と感じますし、行政書士っぽさは全くありません。

「西谷さんを共同代表として一緒に頑張っていこうと思った決め手はなんですか?」ということもよく聞かれるのですが、人柄の良さのようなパーソナルな項目や相性以外であえて一つ答えを決めるならば業歴の長さでしょうか。

彼は司法書士・土地家屋調査士・行政書士事務所での補助者歴が十数年あります。
行政書士として即独してしまった私からすれば、そのウィークポイントを十分に補って余りある実績と知識を持っていることはとても有難く、また、顧客にとっての大きな利益になると判断しました。

あまり身内を褒めるのはよくないのでこの辺で。。。