ギョーショのオンラインGYMはこちら

入国管理局へ行ってみた。

昨日は新年会でお近づきになれた予備校講師の方に、本年度合格者の女性と3人で入管見学に連れて行っていただきました!

先生は講師業をメインでされている傍らに実務家としても活動していらっしゃる方で、入管業務の経験もお有りになるので実務のお話を伺いたかった私は入管業務に興味があるという合格者の方と見学に行かれるタイミングに乗っかってきましたwww

初めて足を踏み入れた入管は独特の空気感で、これはなんの用事もない初心者だけでは立ち入りにくい場所だなぁと感じました。(私は虎の威を借りていたので平気でしたがw)

様々な国の外国人の方がいらっしゃって、場内を見学したあとは休憩スペースで実務のお話を伺わせていただきました。

 

入管業務は実際に扱ったことのある先生のお話を聞けるのはとても貴重なので本当にありがたかったです。

お話を聞いていて私が思ったのは、入管業務というのは高い文系能力が要求される営業許可のような雰囲気だなぁということでした。(あくまで個人の見解です)

すごく面白そうだと思ったのでチャンスがあれば是非取り扱ってみたい業務の1つとなりました!

こうして色んな方にお話を伺うと見聞が広がりますし、ますますこの行政書士という仕事は本当に色んな可能性があって楽しい職業だなぁと実感します。

 

また、合格者の女性との会話もとても楽しかったです。自分の強みをどう業務に活かしていくのか、どういう働き方をしたいのか等々、様々なお話を聞かせて頂きました。

そのお話の中で出たのが、ダブルライセンスをとるなら行政書士業と親和性が高いものは何か?という項目では私が実際に業務をしていて感じたことを中心に自分なりの意見をお伝えしました。

彼女の話を聞くことは私もとても良い刺激を受けましたし、また、少しでもたくさんの実務経験を積んで、少し先を行く者として今後も恥ずかしくない姿を見せなければならないと気が引き締まる思いです。

また今日も産廃業務ですが、新たな気持ちで実務に励みたいと思います!