ギョーショのオンラインGYMはこちら

Chromeの仕様変更について。

7月からGoogleChromeの仕様が変更されます。
これだけ聞くとどういう事かとってもわかり辛いと思いますので、どういうことかを簡単に説明したいと思います。
GoogleChromeというWEBサイトを見るためのソフトがあるのですが、(一般的にグーグルと呼んでいるものです)それが2018年7月にバージョンアップすることとなり、それに伴って大きく仕様が変更される部分が出てきます。

それは、『全てのSSL・https非対応サイトに警告が表示される』というものです。

正しい安全対策が行われていないホームページを訪問すると、上記のような警告が表示されることにより、ご覧になっている方にはとても不安を感じることと思います。
特に、お問い合わせフォーム等に入力を行なう際にこの警告が表示されるため、とてもそんなホームページに気軽にお問い合わせなんて怖くてできませんよね。
当事務所では相談者さまの安心安全を第一に考えておりますので、既にこちらの安全対策措置を講じてあります。
そのことにより、当事務所のホームページよりお問い合わせフォームをご利用の際は下記画像のような表示になります。

特に、スマートフォンやタブレットからホームページを閲覧されている方はAndroidに標準で装備されているWEB検索ソフトがGoogleChromeであるため、これからこの画面によく出会うことになるかと思いますので、こういうことなのかと認識いただければと思います。
お困りごとがあって、どこかの士業に相談に行ってみようと思って相談先を検索される際には、利用者さまのためにこういった安全対策をしっかりとっている、個人情報が守られる事務所であるかどうかという所も今後は1つの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。