ギョーショのオンラインGYMはこちら

苦手な人の対応について。

たとえば苦手な人がいて、そしてその人がこちらが苦手なことに気がついておらず、どんどん話しかけられたりする場合の対応って困りますよね。

それがビジネス上の付き合いだったらそれでもなんとか最大限、にこやかに対応したり、苦手意識を減らす努力をします。

でも、プライベートだった場合はどうか、というのが問題です。

どうしても付き合わなければ仕方のない関係性なのであればビジネス上の付き合いと同じと割り切るとして、そうでない人ならわざわざそんな人に時間をかける必要があるのか?と考えてしまうのです。

なので私は、①できる限り関わらないようにする。②話しかけられたら短い返答を返し会話を続けにくくする。③さり気なく早々に立ち去る。という作戦をとることが多いです。

 

そういった行動で私の気持は周りの人にも伝わっているらしく、「徳留さんの対応はわかりやすいから」と今日、予備校の他の生徒さんに言われてしまいました。。。

予備校は普通に暮らしていたら出会わないような人とも出会えたりする貴重な場所なので、なるべく色んな人とお話をしたりして、色んな世界の話や生き方や考え方を学ばせて頂いているのですが、それでもやっぱりこの人は別にいいや。。。って思う人もいるんですよね。

貴重な時間だからこそ、なるべく素敵な人たちと、身になる話をしたいっていうのはきっと誰もが思うことだと想うのですが、それでも普通はみんな大人な対応をするのでしょうか。。。

もっと私も成長しなければなぁとしみじみ思ったのでした。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください